投稿日:2008年4月2日|カテゴリ:院長ブログ
(毎日新聞 より)

 血液を固まりにくくして、脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞の原因となる血栓ができるのを防ぎ、一方で内出血などはあまり起こさずに済む抗体を、滋賀県立大の高山博史教授(血液内科学)らが開発した。臨床で使えれば、副作用の少ない理想的な血栓予防薬になる可能性があるという。

 米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」(電子版)に2日、論文を発表した。

 血栓は、血液中の血小板にコラーゲン繊維がからまり、固まりを作ってできる。しかし高山教授らは、固まりができない女性を発見。血液中から、血小板とコラーゲンの結合を妨げる抗体を見つけ、この抗体を人工的に作ることに成功した。

 抗体には、血小板の表面に存在しコラーゲンと結びつく「コラーゲン受容体」を、血小板の内部に引っ込めさせる働きがあった。

 さらに、マウスの体内に人為的に血栓を作る実験を行い、普通のマウスには血栓ができるが、同様の抗体を前もって注射したマウスにはできないことを確かめた。

 血小板の機能を部分的に低下させて血栓を防ぐ薬は既にあるが、副作用で脳出血など体内の出血が起きやすくなる。しかし今回の抗体を持つ患者は、脳出血などを起こさず20年間過ごしている。高山教授は「抗体を実用化すれば、脳出血などの副作用なく血栓を防ぐ薬ができるのではないか」と話している。



 血栓予防ワクチンですね! どのくらい持続効果があるのかがネックになってくるでしょう。 現行の血栓溶解剤、血小板凝集抑制薬などは出血傾向が多かれ少なかれあるため、血中濃度を適正にコントロールする必要があることが面倒でありますから、この研究も期待したいところです。ニコニコ

コメントする