当院の禁煙外来

当院では、禁煙を決意された方のお手伝いをしております。
喫煙は単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、ニコチン依存症と言う病気として捉え、必要な治療を保険適用で行うことができます。

ニコチン依存症は、医師やお薬の力を借りなければ、なかなか克服できるものではありません。なぜなら、タバコは、ニコチンの作用による脳や身体への快感(身体的依存)だけではなく、「落ち着く」「間がもつ」「すっきりする」といった気持ちの上での依存(心理的依存)が重なっているため、ご本人の意思だけではなかなかやめることができません。
そこで当院では、ニコチンが脳神経に作用するのを止めて中毒症状を緩和するお薬(チャンピックス)を使用したうえで、身体や精神面をサポートし、禁煙できるように導きます。

しかし、あくまで禁煙はご本人の「強い意志」がなければ成功しません。
当院はそのお手伝いを致します。一緒に禁煙を成功させましょう!
以前、自己流の禁煙で失敗された方、禁煙したい気持ちはあるけどなかなか始められない方も是非一度当院にご相談ください。

健康保険で禁煙治療を受けるための条件

  • ニコチン依存症を判定するテスト(TDS)で5点以上
  • [1日の喫煙本数×喫煙年数]が200以上
  • 1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている
  • 禁煙治療を受けることに文書で同意(サインなど)

※ 喫煙年数が短いなどで保険診療の対象とならない方でも、自費診療として同じように禁煙外来を受診できます。

TDS ニコチン依存症判定テスト

TDSとはニコチン依存症かどうかを判定するテストです。
10項目の質問に、「はい(1点)」または「いいえ(0点)」で答えます。合計点が5点以上ならば、ニコチン依存症とされます。

質問 はい いいえ
Q01. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
Q02. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか?
Q03. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコが欲しくて欲しくてたまらなくなることがありましたか?
Q04. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか?(イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
Q05. Q4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか?
Q06. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?
Q07. タバコのために健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
Q08. タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?(ここでいう精神的問題とは、禁煙時の禁断症状ではなく、喫煙の影響で結果的にイライラしたり、不安になったりすることです。)
Q09. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?
Q10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか?

いかがでしたか?ニコチン依存症の疑いのある方は、どうぞご相談ください。

チャンピックスを使用した禁煙治療

当院では、ニコチンを含まない飲み薬「チャンピックス」での禁煙治療を行っております。
以前は、禁煙中、タバコの代わりにニコチンを補給することでイライラなどのニコチン切れ症状を軽くしてきましたが、「チャンピックス」は、ニコチンを含まず、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くするほか、タバコをおいしいと感じにくくすることにより、禁煙へと導きます!

禁煙外来のスケジュール

通常、12週間で5回の診察を受けていただきます。

診察時には、毎回、呼気の一酸化炭素濃度を調べ、喫煙状況を見ながら指導を行います。
一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質ですが、禁煙を始めればこの値は低下していきます。低下する数値を見ることで、目に見えて改善されることが励みとなったり、次回の測定が楽しみなる患者様も多いようです。
また、診察の際には、チャンピックスの処方だけでなく、禁煙を継続するためのアドバイスをすることで禁煙成功へと導きます。

禁煙外来