巻き爪とは

巻き爪とは、爪のおもに左右両端が、巻き込むようにして下がり筒状になった状態のもののことです。巻き爪は、足の特に親指の爪に起こる場合が多く、巻き込む形や深さの程度などは人それぞれですが、ひどくなると巻いた爪が皮膚に食い込んで強い痛みを感じたり、出血または化膿してしまうこともあります。また、巻き爪の内側には汚れもたまりやすいため、水虫菌に侵されることもあります。

巻き爪になる主な原因は、サイズの小さい靴(大きすぎもあまり良くありません)やつま先の細い靴を履いてつま先に長い間圧力をかけること、爪を短く切りすぎることなどがあります。

巻き爪矯正VHOについて

手術をせずにワイヤーを使って爪の形を矯正する治療法です。重度の巻き爪まで矯正が可能です。多くの人は、2〜3ヶ月に1度の通院で約1年程度で直すことが可能です。

施術の流れ

  1. 矯正用のワイヤーを爪の大きさに合わせて切り、爪の湾曲にあわせて曲げます。
  2. 爪の左右にワイヤーを引っ掛け、専用のフックを巻き上げ固定します。
  3. 余分なワイヤーはカットし、ワイヤーが引っかからないように樹脂を付けて固めます。

費用について

  • 初診料 7,000円
  • 再診料 5,000円
  • 巻き爪ワイヤー代(指1本につき)5,000円