苦痛の少ない経鼻内視鏡

径鼻内視鏡

当院では、鼻から入れる胃カメラを導入しています。
従来の経口内視鏡に比べ格段に細く、患者様の負担が軽減されます。
従来の経口内視鏡の太さは9mmでしたが、径鼻内視鏡は5mmでとても細く苦痛も少ないです。

径鼻内視鏡の特徴

  • 舌根部に内視鏡が触れずに嘔吐反応(ゲーゲーすること)が少なくですみます。
  • 経口内視鏡を違って、検査中の医師との会話が可能です。
  • 内視鏡が細く胸のつっかえ感、お腹の不快感もあまり感じません。
  • 経口内視鏡と違い、用途は診断に限られ、ポリープ切除術や止血術は出来ません。
  • まれに鼻血が出る事がありますが、点鼻薬のより止血できます。
  • 鼻腔の狭い方、手術後の方は挿入出来ない可能性があります。
  • 寝たきりの方、高齢者にも誤嚥のリスクも少なく安心して受けていただけます。

※鼻の麻酔に時間(約10分)を要するため、原則的に予約制となっております。径鼻胃カメラをご希望の方は、お気軽に医師または看護師にご相談ください。

内視鏡検査の流れ

径鼻内視鏡

1. 外来受診・検査予約

外来を受診して頂き、内視鏡検査の予約日を決定し、血液検査を致します。その後、内視鏡検査についての詳細についてご説明致します。

2. 検査前日

通常に食事をして頂いて結構です。暴飲・暴食をせず、アルコールは控えてください。

3. 検査当日

朝食は検査予約時にお渡しするゼリー食を召し上がってください。
(お茶・お水は検査1時間前まで可)
予約時間の15分前までに受付までお越し下さい。