投稿日:2008年10月15日|カテゴリ:院長ブログ
(毎日新聞より)

 小・中型犬を有料で貸し出すレンタル犬サービス会社「ジャネット」(東京都品川区)の所有する18頭が、人や家畜にも感染する「イヌブルセラ症」に集団感染したことが分かった。人への感染は現在のところ、確認されていないという。

 ジャネットの説明によると、五反田(品川区)と浦安(千葉県浦安市)の両店で所有する計59頭のうち、2日に18頭が陽性、3頭が陰性、38頭が再検査を要する疑陽性と判明したという。9月に交配した1頭が、ブルセラ症の典型的症状である流産をしたため、全頭検査をしていた。

 この結果を受け、同社は両店を閉鎖し、3日に保健所や都動物愛護相談センターに報告した。感染犬の尿や汚物に触ると感染することがあるが、通常の生活では人への感染はまれだという。

 同社はドッグカフェや犬が走り回る広場なども運営しており、会員約1600人にはメールで感染を連絡。荒木学社長は「感染ルートは分からない。感染を広めないためにも、両店に出入りした人や犬は検査をしてほしい」と話した。









 犬ブルセラ症は、イヌ流産菌(ブルセラ・カニス)と呼ばれる細菌の感染によって起こる病気です。オス犬に感染すると生殖器の腫れや萎縮、メス犬では流産や死産、不妊などの原因となります。また、犬ブルセラ症は人にも感染する人畜共通感染症の一つで、まれに頭痛や発熱などを起こすことがあります。  

 オス犬の場合は睾丸が腫れたり、かたく縮んでしまったりなど、生殖器に異常を起こし、正常な精子が作れなくなってしまいます。メス犬の場合は、不妊の原因となるほか、妊娠40~50日後に流産や死産を引き起こします。また、一度でも犬ブルセラ症にかかったメス犬は、その後、不妊や流産をくり返す傾向があります。
 治療には、テトラサイクリンなどの抗生物質を投与します。しかし、長期的に投与しなければならず、確かな効果があるわけではありません。

 人に感染した場合には、風邪のような症状が見られます。ただし、犬ブルセラ症は人から人への感染はありません。 多頭飼育をしている場合は、特にこの病気に注意したほうがいいでしょうね。ノーノー

3 Responses to “<イヌブルセラ症>レンタル犬会社の18頭集団感染”

  1. せおいなげ より:

    我が家にも犬がおります。

    こんなにアレルギー一家なのに・・・(笑)

    不妊処置をしていますので、流産・死産の心配はありませんが、この場合、感染するとどうなるのかなあ・・・・

    ズーノーシスということらしいですが、やはり治療が必要ですかねぇ・・・って動物病院の医者に聞けってことやな。

    散歩を控えるほうが良いかもぢれませんね。

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     話題を立ち上げながら、正確な返答が出来かねることをお許しください!

     やはり、動物病院で、相談されるべきでしょうが、、、実際、それほど話題になっていないかもしれませんね~

  3. せおいなげ より:

    そういう私もあまり気にしていません。(笑)

    気になったら犬のかかりつけのドクターに聞くことにしますね。

    打ち間違えていますね「ぢ」ではなくて「し」です。

    m(_ _)m

コメントする