投稿日:2008年10月10日|カテゴリ:院長ブログ

(毎日新聞より)


 さまざまな細胞に変化する可能性を持つ「人工多能性幹細胞」(iPS細胞)を、ウイルスを使わずに作ることに、山中伸弥・京都大教授らが、マウスの細胞を使った実験で成功した。従来は、ウイルスの一種(レトロウイルス)の使用が必要で、細胞に発がんなどの遺伝子異常をもたらす危険が指摘されてきた。ウイルスなしで作れたことで、今後iPS細胞から作った細胞を移植する際の、患者に対する安全性向上につながるとみられる。

 10日、米科学誌「サイエンス」電子版に論文が掲載される。

 iPS細胞を作るには、皮膚細胞など基になる細胞に4種類の遺伝子を導入する必要がある。従来はこの4遺伝子をレトロウイルスの内部に組み込み、ウイルスごと細胞に注入していた。このウイルスは、細胞が元々持っている遺伝子の集まり(染色体)に入り込む。この際に細胞の遺伝子に異常が生じ、がんなどが起きる心配があった。

 山中教授と沖田圭介・京大助教らは、レトロウイルスの代わりに大腸菌などが持つ環状の遺伝子「プラスミド」を使ってiPS細胞を作ることに成功した。プラスミドは一般に染色体内に入らず、遺伝子異常を起こす心配がないとされる。

 4遺伝子のうち、細胞作成に欠かせない3遺伝子を一つのプラスミドに、作成効率を上げる1遺伝子を別のプラスミドに組み込んだ。これらをマウス胎児の皮膚細胞に4回に分けて注入すると、実験開始から25日目にiPS細胞ができた。染色体を調べ、外から遺伝子が入った形跡がないことを確認した。

 今後はヒトの細胞で同様の方法でのiPS細胞作成を目指す。山中教授は「iPS細胞を患者の治療に使うために重要なワンステップだ」と話している。










 米国では、アデノウイルスを使った実験で成功し、癌化の危険性を減少させていましたが、今回はウイルス自体を使用しないということで、さらに安全性が高まったと言えるかもしれません! しかも、プラスミドは大量に作り、凍結保存も可能ということで、非常に進展した結果となりました。 名古屋大学からノーベル賞をどんどん輩出している件で、連日もりあがっていましたが、今日のニュースは一転、iPSの話題となっていましたね!
 食の安全、薬剤の安全性が非常に危うい昨今、安全性を謳う今回のニュースは、まさにタイムリーと言えるでしょう。ラッキー

2 Responses to “<iPS細胞>ウイルス使わず作成、実験成功…山中教授ら”

  1. せおいなげ より:

    待合室で「ニュートン」をみてから、立て続けにニュース等でiPS細胞についての記事に触れる機会が増え、興味もわきました。

    やはり、吉岡内科クリニックは勉強になりますね。

    先生がおっしゃる通り、予防医学と再生医療は最先端医学ですね。

    あとは、胎児の細胞だけでなしに、成体での実験も重要ですね。(新聞に書いてありました)

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     当クリニックにそういった切り口で来院していただけることは嬉しい限りです!

     トリガーポイントという少々痛みも伴う治療中の会話も和むというものです。

     幅広い知識欲は、会話を充実させてくれますね。

    これからもいろいろ話題を提供して下さいね~

コメントする