投稿日:2008年10月8日|カテゴリ:院長ブログ

 ( 毎日新聞より)

 ◇スワンパーク冬の風物詩
 酒田市の最上川スワンパークに飛来する野鳥に餌やりをしている「酒田市白鳥を愛する会」が、餌やり中止の方針を固めた。7日夜の役員会で自粛を決定する見通し。鳥インフルエンザ対策で、市が餌やりに慎重な姿勢を示しているため。観光客が餌やりでハクチョウと親しむ冬の風物詩は失われそうだ。
 「愛する会」の碇谷啓二会長は毎日新聞の取材に「役場は餌付けをやめてほしいという話。私たちだけが続けるのも難しい」と市の方針に従う考えを示した。
 酒田市は昨年から、一般客に給餌自粛を要請。餌やり継続を求める愛する会は、直接手で野鳥の口に餌付けする従来の方法を、餌を投げ入れるよう改めていた。
 しかし市は先月開いた、鳥インフルエンザの勉強会で、人と野鳥との過度な接触は避けるべきだとの専門家の意見が出た点を重視。松本恭博総務部長は6日の定例会見で「餌をやっているが、(鳥インフルエンザ発生の心配があり)そういう方向は好ましくない。リスク管理の意味がある」と餌やりに慎重な方針を改めて示した。
 スワンパークは毎年約1万羽のハクチョウなどが飛来し、30万人の観光客が訪れる。愛する会は一般客とともに、毎年餌付けに取り組んでいた。市は会の活動に補助金を出し、餌を置く小屋の設置もしてきた。
 碇谷会長は「(鳥インフルエンザを)私たちはそんなに恐れることはないと思うが、市は市民の安全を考える必要があるのだろう」と話した。







 「愛する会」の碇谷啓二会長ってのが、こんな悠長なことを言っているようですから、パンデミックの恐怖が全く理解されていない! 人間、想像力がないとある意味幸せなのかもしれませんが、、、皆様は決して野鳥に近ずくことの無いように気を付けてくださいませ! 数日で亡くなってしまう感染症を、診断し、治せる病院が近隣にいくつもあるはずがないんですから!
 普通の風邪でもタライ回しを経験されている方もおられる中で、過度な期待は自滅ものです。ムニョムニョ
 

2 Responses to “野鳥餌やり:鳥インフル対策で「愛する会」、中止の方針--酒田 /山形”

  1. せおいなげ より:

    ワクチン療法が進んだとはいえ、インフルエンザパンデミックの恐ろしさははかり知れませんね。

    1918年のスペインかぜでの日本被害は、ワクチンがなかったとはいえ、約2300万人の患者と約38万人(歴史学的な手法では45万人とも推計されている)の死亡者が出たと報告されていますね。

    今までにない、亜型のウイルスがヒトの身近に出現しないことを祈ります。(国立感染症情報センターHP参照)

  2. yoshioka より:

    ワクチンというのは、現物のウイルスがいて、初めて製造出来るわけで、そこには必ず、ある程度の犠牲者が出ることは避けられません!

     1918年に起こったことが、、現代、未来に起こらないわけがありません! 確実にやってくることであり、1回あれば、しばらくはないという保証も全くありません!

     いわば、大震災と同じです!いかに、想像力を働かし、パニックにならないよう、想定された対処が出来るか、、、これにつきるでしょう。

コメントする