投稿日:2008年10月6日|カテゴリ:院長ブログ
(Nikkei netより)

 【ソウル=共同】韓国農林水産食品省は4日、中西部の忠清南道・礼山郡のアヒル飼育場で、鳥インフルエンザウイルス()の感染が確認されたと発表した。韓国で鳥インフルエンザ感染が確認されたのは5月中旬以来。同省はこの飼育場のアヒルを殺処分する。





 H5N2型が出るのはめずらしいですね~
しかも、韓国は目と鼻の先! いよいよなのかもしれません!
10月15日より本年もインフルエンザワクチンを開始します。65歳以上は1回1000円で、65歳未満の方は、大人も小児も2000円とさせていただいております! しっかり免疫力をつけていただくには、大人も小児も2~3週間後に2回目を施行したほうがよいと考えますために、例年通りの価格設定にさせていただきました! ワクチンは体に異物を入れることで、免疫そのものを刺激賦活化することも考えると、何もインフルエンザだけが予防されるわけではないともいえます。 欧米では妊婦にも推奨されておりますので、そのような場合は直接ご相談ください!ラッキー

2 Responses to “韓国で鳥インフル発生”

  1. せおいなげ より:

    TPもインフルエンザも注射いきますよ~!

    2回といわず3回でも4回でもうってくださいな。

    ワクチンといえば、最近、アルツハイマー病に対するワクチン療法が研究されているらしいですね。なんでも、β-アミロイドというタンパクを精製したワクチンを使用する療法らしいですね。

    認知症は治らないといわれていますが、治療ができるとよいですね。

  2. yoshioka より:

    せおいなげさん>

     アメリカでは、肺炎球菌ワクチンを幼児に行い、中耳炎や副鼻腔炎の予防をしたり、狭心症予防のワクチンも研究されています!

    やはり、予防医学と再生医療がこれからの先端医療ですね~

コメントする