投稿日:2008年9月18日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)

 妊婦にインフルエンザの予防接種をすると、母親だけでなく新生児にも高い予防効果のあることが、バングラデシュでの臨床試験で明らかになった。

 同国と米国の共同研究チームが17日、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに発表した。

 臨床試験では、妊婦316人のうち約半数にインフルエンザのワクチン、残り半数に肺炎球菌のワクチンを接種。子供は接種の8時間~3か月後に生まれた。

 生後6か月まで健康状態を追跡した結果、母親が肺炎球菌のワクチンを受けた子は、157人中16人がインフルエンザにかかった。母親がインフルエンザのワクチンを受けた子は発症率が約3分の1に下がった。

 日本の厚生労働省は「可能な限り危険性を排除するため、国内では勧めていない」としている。米国や世界保健機関は妊婦にインフルエンザのワクチン接種を勧めている。






 日本は勧めていないといいつつ、私は勧めています!
欧米、というより日本以外では妊娠前提、もしくは妊婦にインフルエンザワクチン接種することは、もはや常識であります! 妊婦がインフルエンザに罹患してしまうことのほうがリスクが高いと考えするわけです。
 そもそも、任意のワクチン接種ですので、いろいろな情報を収集されて、是非、受けておいていただきたいものです。
 本年も、10月中旬以降から大人、子供とも1回2000円で接種させていただく予定です。しっかりと免疫力を確保していただくため、大人でも2回射ちを推奨します。ラッキー

コメントする