投稿日:2008年8月26日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)

IHIは22日、創薬ベンチャー企業「UMNファーマ」(秋田市)と、新型インフルエンザワクチンの製造工場の設計契約を結び、2億円を出資したと発表した。出資割合は1・9%。現在行っている臨床試験で安全性などを確かめた上で、2009年初めに建設に着手し、11年半ばの市販化を目指すという。
工場は、UMNが秋田市に約20億円をかけて建設し、年間1000万人分のワクチンを製造する。鶏卵を使う従来の方法では、製造に半年ほどかかるが、国内初の細胞培養法を採用し、約2か月で製造できるという。






 IHIといえば、重機・造船などの重工業において、日本を代表する名門企業の一つですが、さすが、目の付けどころが違うというか、社会貢献を考えれば、こういった大企業が本気にならないと進まない問題でもあるわけで、、、これで、新型インフルエンザワクチン確保に道が出来たということですね~ラッキー 鶏卵を使わない方法であるので、今まで卵アレルギーのシビアな方はインフルエンザワクチンを打てないケースが多かったのですが、その問題も解決ということになります。イヒヒ

4 Responses to “新型インフル製薬工場を設計 IHI、出資も”

  1. ター坊 より:

    恐るべしIHI^^

    石川島播磨 HEVY INDUSTRIAL
    就職試験に頑張ってる頃、IHIの
    意味を調べたりしたもんです。

    佐野安船渠読めますか?
    自分は”さのあんぜんばり”と読んでました。
    全くのでたらめでした(笑)
    正解は、さのやすドックと言います。
    こんなのも就職試験問題に出てたんですよね。

  2. yoshioka より:

    ター坊さん>

     こんばんは~

    IHIは1853年(嘉永6年) 石川島造船所、江戸幕府により江戸隅田川河口の石川島(現在の東京都中央区佃二丁目)に創業し、1960年頃からIHIの略称で呼ばれ、2007年に正式名称としてIHIを採用されたのですよね。

    ター坊さんがIHIに就職され、今頃重役にでもなられていたら、口もきいてくれなかったかも、、、~_~;

  3. ター坊 より:

    なんてこと(笑)

    自分は人懐こいですから
    じぇったいにそんなことは
    ありえましぇん^^
    ましてやタカヒロさんに
    そんなことしたら人として
    あるまじき行動です。
    自分の精神に反しますですやんかいさ^^
    なので今後ともよろしゅうにぃ~~~!

  4. yoshioka より:

    ター坊さん>

     そろそろ高知に向かわれる頃でしたでしょうか?

    また、お帰りになりましたらお話きかせてくださいませ!

    首の痛みにお気をつけて~ (~_~)/~

コメントする