投稿日:2008年8月21日|カテゴリ:院長ブログ

(読売新聞より)

 水道管や蛇口に磁石を取り付け、「水がまろやかになる」などの効果をうたう「磁気活水器」が売られているが、残留塩素や有害物質の除去・低減について、実際に効果はないことが20日、国民生活センターの商品テストで明らかになった。

 磁気活水器の大半は、浄水器と違ってフィルターはなく、水には直接触れない。磁力で水の味を変えるとして、インターネットによる通信販売や、訪問販売などが行われている。

 センターは、残留塩素や発がん性の疑いがあるトリハロメタンの除去・低減をPRしている6機種について、6~7月に商品テストを実施。価格は2800円~23万円と幅広いが、テストの結果、磁気活水器の取り付け前と後で、残留塩素やトリハロメタンの濃度に変化はなかった。

 「除去や低減の効果はない」として、センターは業界団体に広告・表示の改善を要望。公正取引委員会にも、事業者に対して排除命令を出すよう求めた。





 これは、、フィルターを使う浄水器とは一線を画する商品であることを誤解の無いようにしないと、混乱するでしょうね~

 いわゆる、ネズミ講・悪徳マルチ商法といわれるネットワークビジネスに登場する商品のことです!

 国民生活センターも、表示の改善などと手ぬるいことしか言わない! これって実際、詐欺ですからね!

 未だに勧誘、説明会、などなどで、販売員を増やし、根拠のない製品を、売っている本人も分からずに効能を謳う「連鎖販売取引」ですが、生活センターも実名も明かさないのでは、何のためのセンターなのか、、、やはり天下り理事の張り子の虎、、、なのでしょうか?

 研究に研究を重ねた浄水器、濾過器などのイメージまで損なわれては、本当に価値あるものの名誉まで傷つけられてしまいます。ぶー

コメントする