投稿日:2008年8月16日|カテゴリ:院長ブログ
 (読売新聞より)

 ランニングの習慣に老化を遅らせる顕著な効果があることを米スタンフォード大の研究チームが突き止めた。

 20年以上にわたる追跡調査の結論という。

 調査期間は、1984年から2005年まで。チームは、ランニングクラブに所属し、週4回程度走る男女538人(84年当時の平均年齢58歳)に毎年質問票を送り、歩行や着替えといった日常の行動能力や健康状態などを調査。走る習慣がない健康な男女423人(同62歳)も同様の方法で調べ、比較した。

 その結果、走る習慣のないグループは、2003年までに34%が死亡したのに対し、習慣的に走るグループの死者は15%にとどまった。また、走るグループは、走る習慣のないグループに比べ、日常の行動能力が衰え始める時期が16年ほど遅かった。

 チームは「年齢を重ねても健康的に過ごすために何かひとつ選ぶとすれば、(ランニングのような)有酸素運動が最も適している」と結論づけている。






 アンチエイジングを考えるとき、悪習慣を絶つことと、やはり、良習慣の継続でしょう! 有酸素運動、それは、適度に筋肉を刺激し、適度にストレッチが出来る、代謝の改善、ストレスの軽減、消化活動の刺激、良眠の誘導と、いい事尽くめと考えられます。 皆様と一緒に、アンチエイジングを追及していきたいと思う今日この頃です!モグモグ

2 Responses to “走る人は若い?ランニングは老化を防ぐ、米の大学が調査”

  1. ター坊 より:

    やっぱり、歩くのと、走る
    人間の基本動作ですもんね。
    気をつけますです。

    タカヒロさんがテニスするなら
    お付き合いしますけど。
    球技がダメと仰るので仕方ないですネ。

  2. yoshioka より:

    ター坊さん>

     球技は本当にへたくそです!

    格闘技なら、異種でもお付き合いしますよ~

    自衛隊のDさんともいつかお手合せをと目論んでおります!

コメントする