投稿日:2008年8月15日|カテゴリ:院長ブログ
(NIKKEI NETより)

 たばこ1箱1000円なら7割以上が禁煙する――。人材派遣大手のパソナグループは14日までに、10代、20代の若者の喫煙に対する意識調査の結果を公表した。税収と禁煙者の増加を図ろうと、各政党などで議論されているたばこ価格の欧米並み引き上げは、若者には“効果”がありそうだ。
 調査は街頭とインターネットを使ったアンケート方式で、10代、20代を中心に男女計212人から回答を得た。

 たばこ価格が1箱1000円でも喫煙を続けるかとの質問に、喫煙者の40.3%が「すぐに禁煙する」、30.6%が「本数を減らし、いずれ禁煙する」と回答。計7割以上が禁煙に向かう意思を示した。





 ほら、やっぱり、禁煙を本気で政策とするのなら、値上げが確実です!
1000円でも吸えるような人は、ステイタスとして吸い続けるのでしょうが、、、ガソリンの値上げでは、流通は減少、経済は消沈と、いいこと無しですが、タバコの値上げは、健康、環境、経済の好循環になるでしょ~ラッキー

2 Responses to “「たばこ1箱1000円なら禁煙」70% パソナが若者意識調査”

  1. ター坊 より:

    大麻とか覚せい剤など栽培、所持しただけでも
    罰せられるのに、タバコを作って罰せられないのは
    おかしいです。

    まぁ今まで吸わせておいて、健康に悪いから
    今日から”生産 ”止めます、って訳にもいかないのかな^^;

  2. yoshioka より:

    ター坊さん>

     合法の麻薬で、税を徴収なんて、考えたら恐ろしいことなんですが、、、どこの国でもやっていることなんで、今まで疑問にも思われなかっただけなんですね~

    しかも、いまさら生産業者を切り捨てるような国はなお恐ろしい!

コメントする