投稿日:2008年7月26日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)

 副作用の懸念から、事実上定期接種が中断し、任意で行われている日本脳炎の予防接種について、厚生労働省の検討会は25日、感染症予防の視点から接種を続けることが不可欠との意見で一致した。

 中断期間が3年以上と長期化し、免疫を持たない幼児が増えている状況をふまえ、結論づけた。

 現在、重篤な副作用の少ない新型ワクチンを開発中で、供給は早くても来年4月以降となる見通し。つなぎとなる旧型ワクチンは、原液の製造が中止され、来年分も含め170万本で供給が底をつく事態となっている。

 そのため、検討会は、ワクチンが不足する事態に備え、ウイルスに感染した豚が多い西日本の幼児らへの優先接種や、ワクチンを受け損ねた子供の対策なども今後、話し合う。






 やはり、こういう結果になりましたね~

まれな副作用のために有益なワクチンが接種出来ないことは誠に遺憾であり、
副作用の少ないとされる新型ワクチンの開発に期待が高まりますね~ニコニコ

コメントする