投稿日:2008年7月18日|カテゴリ:院長ブログ
 [日経産業新聞より]

 横浜市立大学医学部の五嶋良郎教授や池沢善郎教授らの研究チームは、アトピー性皮膚炎のかゆみを抑える効果のあるたんぱく質を見つけた。マウスの実験で、アレルギー反応にかかわる炎症細胞や皮膚の神経の量が減ってかゆみが抑えられるのを確認した。治療薬への可能性を探る。
 神経細胞の成長を妨げる働きをする体内のたんぱく質「セマフォリン3A」に注目した。アトピー性皮膚炎のモデル動物であるマウスの皮膚に投与すると、皮膚炎が改善し、皮膚をひっかく回数が減った。



 
 今までの痒みを抑える治療とは一線を画する考え方でありますが、期待反面、副作用などの心配も考えられます!
 いずれにしても注目の研究です。ノーノー
 現状では、抗ヒスタミン薬やロイコトリエン拮抗薬等を組み合わせ、ステロイドに準ずるような効果をあげておりますので、アトピーも民間療法などに頼らず、きちんと治療を受けていただくことをお勧めします。ニコニコ

コメントする