投稿日:2008年6月24日|カテゴリ:院長ブログ
(中央日報より)

 健康に自信があるという40歳以下の若い男性たち。
しかし太っていてたばこを吸っている男性が胸に痛みを感じたら「急性心筋梗塞」を疑わなければならない。
喫煙が心筋梗塞を起こす最も大きな原因だという研究結果が発表されたのだ。大韓心臓学会は23日、創立50周年記念事業として進めている「韓国の急性心筋梗塞症登録事業」の研究結果をまとめて発表した。
研究責任者の全南(チョンナム)大医大学の丁明鎬(チョン・ミョンホ)教授は「40歳以下の年齢での急性心筋梗塞症患者の危険要因として喫煙が85%と最も高かった」と明らかにした。
心筋梗塞とは血管内で生じた血のかたまりが血管に詰まって血流が妨げられ、急激な血流の減少により、心筋が壊死(えし)した病態のことだ。
通常、突然死の8割以上は心筋梗塞が原因だ。学会は06年に韓国内の40の病院で急性心筋梗塞と登録された患者8565人を対象に調査を行った。
特に40歳以下では、太めでたばこを吸うという男性の急性心筋梗塞発症率が高いことが分かった。調査によると40歳以下の心筋梗塞患者の危険要因としては喫煙(85%)が最も高く、その次は家族歴(19%)、高脂血症(12%)などの順だった。
41歳以上では喫煙が57%と、相対的に低かった。40歳以下では男性(94%)患者が女子(6%)より圧倒的に多かった。41歳以上は男性が69%だった。
平均体重は40歳以下が76.9キロで、41歳以上(64.8キロ)より12.1キロが多かった。肥満度を表す「ボディ・マス・インデックス(BMI)」も40歳以下(26.2)が41歳以上(24.2)より高かった。
丁明鎬教授は「心臓がダメージを受けると息が切れ胸が痛む症状が現れる」とし「喫煙と高度な肥満は若年層の突然死の直接的な原因になることから、タバコはやめて周期的に運動するなど肥満を予防しなければならない」と話した。






 お隣の国、韓国でも、喫煙を問題視されてきているようで、日本と同じような情報が紹介されておるようです。 喫煙は、癌を発生させるという時間をかけた影響よりも先に、実は心臓、血管系に悪影響を及ぼすのです。ですから、心筋梗塞だけでなく、脳梗塞、脳出血などの心配もあるわけです。

 そういえば、韓国版「白い巨塔」がレンタルされているのをご存知でしょうか? 大筋は日本のものとほとんど同じなんですが、それなりにアレンジされているので、結構、はまりますよ~たらーっ

コメントする