投稿日:2008年6月20日|カテゴリ:院長ブログ

[日経産業新聞より]


 武田薬品工業は19日、一般用医薬品(大衆薬)で皮膚に張るタイプの禁煙補助剤「ニコレットパッチ」を7月1日に発売すると発表した。
 ニコチン濃度別に3種類そろえた。ニコチン摂取量を徐々に減らし、無理なく禁煙を成功に導く。競合品は2段階。大衆薬の禁煙パッチはノバルティスファーマが5月末に発売した。大正製薬と武田薬品の追随で3社の製品が出そろう。希望小売価格は各7枚入りで、禁煙開始から6週間使うタイプが2940円、次の2週間用が2625円、最後の2週間分が2520円。


 


 禁煙に拍車がかかりそうですね~ニコニコ
ただ、パッチ製剤はどうしても皮膚のかぶれが多いので、その点を注意されると良いでしょう。貼る場所を毎回変えてみたり、寝てる間は外したりですね。 飲み薬の治療薬は禁煙治療が出来る施設(当クリニックのような)でのみ処方可能で、保険治療で出来ますので、パッチが使用できないような方はご相談ください。病院

コメントする