投稿日:2008年6月20日|カテゴリ:院長ブログ

(時事通信社より)

 インフルエンザ治療薬「タミフル」と異常行動や突然死との因果関係を動物実験など基礎研究面から調べていた厚生労働省の作業部会は19日、脳の中枢神経系への影響は認められないとする見解をまとめた。

 製造販売元の中外製薬に指示し、ラットの脳にタミフルを注入するなど計8種類の実験を実施した。同社からは、投与後の行動に目立った変化は中間報告と同様認められなかったと報告を受けた。作業部会は同社の実験内容に特に問題点はないとの見解で一致した。

 17日には臨床研究面から調べていた別の作業部会が、睡眠や心臓への影響はなかったとする見解をまとめている。 






 タミフル叩きも落ち着いたかのようですね~

私自身はタミフルでの副反応よりも実質効果のほうを尊重しておりますので、インフルエンザ脳症で薬を使用しなかったことを悔やまれることが無いよう、よくご検討していただき、今シーズンもインフルエンザワクチン接種がきちんと実施されていくことも期待します。ニコニコ

コメントする