投稿日:2008年6月17日|カテゴリ:院長ブログ

(ロイター より)

 タカラバイオは、マツタケの人工栽培に向けて、マツタケ本体に育つ前段階であるマツタケ子実体原基を発生させる培養技術を確立したと発表した。マツタケの人工栽培に向けて前進したもので、今後も商業化を目指して開発を進める方針。

 タカラバイオによると、同社はキノコの栽培企業としては唯一マツタケのゲノム情報を解読しているほか、マツタケと同様の菌根菌であるホンシメジの人工栽培にも成功するなどキノコの人工栽培についてのデータやノウハウの蓄積がある。




 最近、カキノキダケというキノコにはまっていまして、これの味噌汁がすごく美味しいんですが、、、マツタケだけは培養はムリなのではと思っていました。しかし、光が見えてきましたね~。
 三田にいたときは、道で国産マツタケと唄った商品が、「明らかにカナダ産やろ~」っていうものもあり、それこそ産地偽装が当たり前のようにまかり通っていましたが、、、軌道に乗れば純国産マツタケが安価で安定供給されるようになり、北朝鮮、中国産の虫食い粗悪品にがっかりすることもなくなるのではと期待しつつ、、、科学の進歩に感動です~ニコニコ

コメントする