投稿日:2008年6月7日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)

 子供たちのための公園が“猛煙”スポットになっている。

 路上喫煙を禁止する条例の反動で、愛煙家の「一極集中」が強まっているためだ。自治体へは住民からの苦情が絶えない。


 全国の先陣を切って2002年、罰則付きの路上喫煙禁止条例を施行した東京都千代田区。だが、区の担当者の顔色はさえない。「厳しくするだけではだめなんですね。歩きたばこやポイ捨ては確かに減ったのですが……」。今年初め、57か所の区立公園を調査したところ、「喫煙者のたまり場になっている」とのデータが出たのだ。

 調査報告書によると、公園を喫煙目的で訪れた人が利用者の6割を超えたケースが、57か所中20か所を占めた。さらに昼から夕方までの時間帯に限ると、7割を超す公園が続出。最高では麹町と九段北の2か所で利用者の9割が喫煙目的だった。日本人の喫煙率は約3割だから、いかに公園に喫煙者が集中しているかがわかる。





 何たることでしょう!ぶー 公園が喫煙所になるとは、、、健全な子供教育である場の公園が、子供の見本であるはずの大人が喫煙している光景を一極集中でお目にかけるとは、、、一番取り締まって欲しい所です!
 愛煙家の皆さん、身体のためにも、時代の流れでもある禁煙に身を委ねたほうが、もう楽なのではないでしょうか?!たらーっ

3 Responses to “公園利用する愛煙家が急増中、住民から苦情相次ぐ”

  1. ター坊どす^^ より:

    自分は生まれてこのかた
    吸った事が無いですが、
    でも喫煙者の方は
    肩身が狭いですね。
    今までは大手を振って吸ってた
    喫煙者たちも、今では可哀そうな立場に。
    確かにいけないんですが、弱そうな
    立場の人を見ると(理由はどうあれ)
    そちらの味方になりたい純日本人の
    自分です(笑)

  2. yoshioka より:

    ター坊さん>

     そうですね、喫煙者は悪者ではなく、「ニコチン依存症」という疾患で、保険適応もあるりっぱな疾患であるということです。ただ、病識が乏しく、治療に意欲的になることが少ない点が問題。 我々医者も喫煙者の敵ではなく、手を差し伸べる味方であることを意識しなければなりませんね。

  3. yabuisyahe より:

    たばこより患者をしっかり見ろ
    金儲けで客回しをやめろ

コメントする