投稿日:2008年6月6日|カテゴリ:院長ブログ
(時事通信社より)

 染色体末端部のDNA配列「テロメア」の構造は、ヒトと生物学研究に使われる分裂酵母で違いはなくほぼ同じであることを、京都大大学院生命科学研究科の石川冬木教授(分子生物学)らの研究グループが突き止めた。がん細胞には短くなったテロメアを伸ばす酵素「テロメラーゼ」があり、その働きを阻害する新薬を分裂酵母で試すことができるという。成果は米科学誌サイエンス6月6日号に掲載された。

 正常細胞のテロメアは細胞分裂のたびに短くなり、最後には分裂を停止するが、がん細胞は正常細胞にはないテロメラーゼを持っており、テロメアを伸ばすことで無限に分裂する。

 研究では、分裂酵母のテロメアがヒトと同じDNAの根元と先端をたんぱく質が橋渡しする「シェルトリン複合体」と呼ばれる構造を持つことが判明。これを構成するたんぱく質「Ccq1」がテロメラーゼを呼び込むことも分かったという。

 このため、Ccq1がテロメラーゼを呼び込めないようにすれば、がん細胞の分裂を抑えられる可能性がある。石川教授は「分裂酵母を使った研究で、ヒト細胞に応用できる抗がん剤につなげたい」と話している。 





  リアルに期待できそうな実験ですが、副作用がきになるところ、、、注目していきたいと思います。 再生医療とがん治療は永遠のテーマですね!ニコニコ

コメントする