投稿日:2008年6月4日|カテゴリ:院長ブログ
(毎日新聞より)

 福岡県広川町の自営業者が、未成年者の喫煙防止策で導入されたたばこ自動販売機用成人識別ICカード「タスポ」を自販機に備え付け、自由にたばこが買えるようにしていることが分かった。



カードを発行する「日本たばこ協会」(東京)は「成人識別制度や業界の信用を失墜させる行為」として、全国初となるカード無効化も視野に入れて是正を求める方針。財務省たばこ塩事業室も「事態が続けば行政処分もありうる」と困惑している。

 業者によると、福岡県で導入された今年5月以降、売り上げが約2割減少。売り上げを増やすために同月下旬、家人名義のカードを自販機に針金で設置した。自販機には、同時に「この自販機専用タスポです。未成年の方はご使用になれません」などと書いた張り紙を付けた。

 県警八女署は先月27日、情報提供を受け「教育的観念から好ましくない」と、撤去を求めた。しかし、業者は「法律には触れてない」と拒否したという。

 日本たばこ協会によると、同様の例は先月、福島県で2件あったが、是正要請に即座に応じたという。

 この業者は、毎日新聞の取材に「たばこを買うかどうかは親の責任では。規制する法律ができない限り、カードを撤去するつもりはない」と話している。




 この業者の意見、ある意味ごもっともです。 タスポによって、喫煙者が減ることはいいですが、その代わりの策を講じなければ、この業者さんのように単に収入源が減るだけになってしまいますから、弱いもの苛めです。
未成年の喫煙は親の責任、、、もっともですが、喫煙するような子供は、すでに親と言う法律ではコントロール不可能な状況であり、やはり行政としてやるべきことは、タバコの増税、もしくは売らないかわりの保証制度となるでしょう。ノーノー

2 Responses to “<タスポ>自販機につり下げ 福岡の業者「売上げ2割減り」”

  1. ホスピタ 小川 より:

    ご無沙汰してます。

    > やはり行政としてやるべきことは、タバコの増税、
    > もしくは売らないかわりの保証制度となるでしょう。

    ということで、早速政府からも増税試案が検討されるようですね。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080604-00000066-yom-pol
    違った意味で、禁煙できて良かったです^^;

    ただ、青少年の喫煙については
    嗜好の問題というより、ファッション的な問題だと
    (タバコ吸うことがカッコいい、とか)思うので
    その意識付けが最優先ですよね。

    「中年の親父だけだろ、タバコ吸うなんて。
    ダサいよ。」となれば自然となくなるのでは。

    同じ中年としては、微妙なトコロですが…

  2. yoshioka より:

    小川さん>

     ご無沙汰です!
    タバコがかっこいいと思ったことは一度もないですね~

    子供心にタバコをふかしている大人が嫌いでした!

    こどもにそんな目で見られている大人は悲しいことですよね。

    しかし、ジョン・トラボルタの喫煙シーンだけは何故かカッコよく見えてしまうのは、、、アブナイ、アブナイ!!

コメントする