投稿日:2008年6月2日|カテゴリ:院長ブログ

(毎日新聞より)

 福岡・南署は2日、子供にたばこ自動販売機用成人識別ICカード「taspo(タスポ)」を貸したとして、福岡市南区の清掃員の女性(41)を未成年者喫煙禁止法違反容疑で福岡区検に書類送検した。県警によると、タスポ貸与による同容疑での検挙は全国初。

 調べでは、女性は5月12日午後0時半ごろ、塗装工見習いの次男(15)に自分のタスポを貸し、喫煙することを止めなかった疑い。「監督責任があったのに深く反省している」と容疑を認めている。

 次男は中学3年生だった昨年夏ごろから喫煙していた。女性は初めは吸わないよう注意していたが次第にあきらめ、買い与えることもあったという。カードは夫のたばこの購入用に女性が自分名義で取っていた。5月19日に署員が南区の公園でタスポを持っている少年を見つけ発覚した。

 タスポは未成年者の喫煙防止のため、日本たばこ協会などが導入した。顔写真入りのカードの中に個人情報を記録するIC(集積回路)チップを内蔵しており、自販機の読み取り部分にあてて購入する。福岡では5月1日から運用が始まった。






 このような事件、当然出てくることはわかっていたことですが、社会全体として抑制にはなっていると考えられるので、「タスポ」の導入が全くの無駄であったとは思いません。しかし、喫煙を「ニコチン依存症」つまり嗜好ではなく病気としたのですから、未成年の喫煙こそ、保険治療の対象にすべきかと考えるのですが、厚労省の考えることは、未成年の喫煙はないという建て前で、保険での禁煙治療を認めていないのです。本当に治療してでも止めさせなければならないのは未成年者であり、麻薬と一緒だというのに、、、モゴモゴ

コメントする