投稿日:2008年5月29日|カテゴリ:院長ブログ

(ロイターより)

 [シカゴ ロイター] 歯周病によりがんのリスクが高まる可能性があるとの研究結果が27日明らかになった。インペリアル・カレッジ・ロンドンのドミニク・ミショー博士らが専門誌に発表した。

 歯周病歴のある男性医療専門家を対象にした長期研究で、がんを患う可能性が全体的に14%高いことが判明した。論文では「喫煙その他のリスク要因を考慮した上でも、歯周病は肺や腎臓、すい臓、血液のがんのリスク増大と大きな関連性があった」としている。

 これまでの研究では、歯周病で心臓病や糖尿病の発生リスクが高まる可能性が示されていた。




 歯科の分野の話題ですが、喫煙による歯肉炎、口腔内癌、舌癌、咽頭喉頭癌の発生率は非常に高く、見つかった時にはとてもつらい末路を辿ります。
発癌物質であるタールを口の中で舐め回しているのだから、考えてみれば驚きです。ムニョムニョ  健康に食事が出来ること、話が出来ることは日々感謝しなければなりません。内服の禁煙治療薬が出てから、急に禁煙外来に来られる患者様が増えたことは喜ばしいことです。ラッキー

コメントする