投稿日:2008年5月28日|カテゴリ:院長ブログ

(読売新聞より)

 島根県などの医療機関が血糖値測定用の針付き採血器具を使い回していた問題で、同県は28日、医療機関(810施設)の緊急調査の結果、計54施設で同種器具を複数患者に使用していたと発表した。

 最初に発覚した診療所以外は、いずれも針は交換していたという。

 他府県でも同様の問題が相次いでおり、福井県勝山市では、2006年9月~今年2月に行った糖尿病の予防教室などで、複数の人に使うことを禁じられた採血器具を計41人に使い回していたことがわかった。

 京都府は、府山城北保健所(京都府宇治市)で06年9月と07年2月に開いた健康セミナーで、共用禁止の器具を受講者22人に使い回していたと発表。





 ちょっと、呆れるというか、、、ガッカリですね。 これほど、日本の医療の危機管理、リスクマネージメントのレベルは低かったのかと。

肝炎訴訟、血液製剤問題などさまざまな感染症の事象がある中で、結局は対岸の火事であるという認識であったということでしょう。ぶー

しかし、人の振り見て我が振り直せと申します。大きな病院勤務時代ではやり過ごしていた、気付きもしなかった可能性もあります。 今も気付かないことで何かやらかしていないか、今一度、気を引き締めたいと思います。モゴモゴ

コメントする