投稿日:2008年5月15日|カテゴリ:院長ブログ

 抗インフルエンザ薬の「タミフル」(スイス・ロシュ)が効かない「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスに別の薬である「リレンザ」(英グラクソ・スミスクライン)が効く可能性があるとする研究成果を英国立医学研究所がまとめた。
 鳥インフルエンザが変異して人の間で感染する新型インフルエンザ対策には、タミフルだけでなくリレンザも備蓄するのが望ましいという。15日発刊の英科学誌ネイチャーに発表する。


[日本経済新聞より]




 新薬の開発が追いつかず、ワクチンもプレパンデミック用である以上、既存の薬が効いてくれれば救いでありますので、期待したいですね!ニコニコ

コメントする