投稿日:2008年4月29日|カテゴリ:院長ブログ
( 読売新聞より)

 環境省は29日、秋田県小坂町の十和田湖畔で死んでいたオオハクチョウから検出された鳥インフルエンザウイルスが、強毒性のH5N1型だったと発表した。

 同県職員が21日、死んだ3羽と衰弱した1羽を回収。死体が著しく痛んでいた1羽を除く3羽から採取した粘液などを動物衛生研究所(茨城県つくば市)で分析した結果、3羽すべてがH5N1型に感染していたことがわかった。このウイルスをニワトリ8羽に接種したところ、7羽が24時間以内に死に、病原性が高いことも判明した。ただし、人間には感染した鳥と濃密な接触をしなければ感染しないとされ、環境省では過度な心配はしないよう呼びかけている。

 県などによると、周辺の養鶏場などでニワトリが大量死するような報告はない。環境省は今後、十和田湖周辺ほか、北海道の主要飛来地で他の野鳥に異状がないかどうか監視するとともに、落ちている水鳥のフンに同じ型の鳥インフルエンザウイルスが混ざっていないかどうかも調査する方針だ。





 やはり、強毒性でしたね! 鳥同士では24時間以内に死ぬということですが、人に感染した場合も強毒性に変わりないでしょうから、非常に恐ろしいですね! 野鳥はどんどん勝手に飛来してくるわけですし、、、
韓国でも全土でH5N1型鳥インフルエンザの被害が拡大しており、国家危機警報の「注意」から「警戒」に引き上げられ、家禽殺処分に国軍兵士200人が投入されたとのことですが、、、事態は切迫しております。ムニョムニョ

コメントする