投稿日:2008年4月28日|カテゴリ:院長ブログ
(毎日新聞より)

 秋田県小坂町の十和田湖畔でハクチョウ3羽の死骸(しがい)が見つかり、28日までに「H5亜」型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたことが分かった。強毒性のH5N1型であれば、国内の野鳥では04年の京都と大阪で見つかったカラス、07年の熊本県のクマタカ1羽以来となる。

 県によると、今月21日、十和田湖南岸付近に成鳥2羽と幼鳥1羽のハクチョウの死骸が浮いており、別に衰弱した1羽がいた。簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たため、このうち検査可能な3羽分の検体を農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所(茨城県つくば市)で分析したところ、H5亜型のA型ウイルスが検出された。型の特定を急いでいる。

 半径10キロ以内に養鶏場などはない。県は感染拡大防止のため、県内の養鶏場などに、野鳥侵入防止策の徹底を改めて求める。

 環境省十和田自然保護官事務所によると、十和田湖には11月から4月にかけて青森県側も含め約300羽のオオハクチョウがシベリアから飛来して越冬する。





 遂に~、、、どんどん迫ってきている感が、、、このニュースは注意しておかなければいけません。04年の京都と大阪で見つかったカラスのときは、近隣の養鶏所のえさに集まってきていたことで注意勧告がありましたが、、、野鳥に餌をやる習慣も、今一度考え直さなければなりませんよね。ノーノー

コメントする