投稿日:2008年4月25日|カテゴリ:院長ブログ
 英系製薬会社のグラクソ・スミスクライン(GSK)は片頭痛治療薬「アマージ」を発売した。錠剤を飲んだ後、効果が24時間続く特徴を持つ。片頭痛治療薬「イミグラン」も販売しているが、薬効が持続するアマージを品ぞろえに加えシェア拡大につなげる。
 アマージは薬効の半減期が投与の約5時間後。イミグランに比べ約2倍長続きする。片頭痛患者は国内で約840万人いるとみられ、20―40代の女性が多い。アマージは再発抑制効果もあるという。GSKでは、女性の生理痛に関連した片頭痛発作にも効果があるとみている。
                     [日経産業新聞より]




 新薬のご紹介です。
片頭痛でお悩みの方は多いと思われますが、現状のお薬で、効果に満足できておられないような方もご相談いただければと思います。ラッキー

コメントする