投稿日:2008年4月24日|カテゴリ:院長ブログ
(毎日新聞より)

 環境省は24日、今年のスギ・ヒノキ花粉の飛散終息予測を発表した。スギ花粉は、中国・近畿・北陸・東海地方でまもなく終息するほか、関東甲信・東北地方は4月末、北海道は5月上旬に終息の見込み。九州・四国地方は3月中に既に終息した。ヒノキ花粉もピークは過ぎており、東海・北陸以西は4月末、関東甲信・東北地方は5月上旬までに終息しそうだという。

 スギ・ヒノキ花粉の総飛散量は、九州と関東、東北地方は昨年の1.4~2.6倍と多かったが、中国地方は昨年並み、その他は昨年より少なく、特に近畿・東海地方は昨年の3~4割にとどまった。終息時期はほぼ昨年並み。一方、既にイネ科花粉が飛散し始めており、「今後も注意を」と呼びかけている。



  結果的には今年は当初の予想通り、西日本においては花粉は少なかったと言えるでしょう。 しかし、イネ科等の花粉症をお持ちの方も近年多く見られ、風邪だといって来院される方の多くに花粉症が認められたり、あるいは合併であったりしますので、症状に苦しまれている方は早めの受診をお願いします。たらーっ

コメントする