投稿日:2008年4月19日|カテゴリ:院長ブログ
(時事通信社より)

 花粉症を引き起こすたんぱく質をスギ花粉から取り出し、弱毒化して錠剤として飲む方法で、花粉症患者8割以上の症状が改善したと、山口大の加藤昭夫名誉教授の研究室が19日までに学会で発表した。

 加藤名誉教授によると、2006年に花粉症の原因となるたんぱく質を1日に0.7ミリグラム摂取するよう調整した錠剤を患者40人に30日間投与したところ、34人の症状が改善。うち5人は完治したという。

 治療の原理は注射と同じだが、注射による治療が数年かけて、継続的に行わなければならないのに対し、この「経口ワクチン」による方法は錠剤を1カ月飲むだけで、「手軽な治療法」としている。 





 一見、朗報のようですが、杉花粉からの蛋白抽出で、スギ以外の花粉症にも有効であるかどうかは不明です。 しかし、注射の減感作療法を何年もしたが効果なかったという方のことを思えば、まだ現実味のある治療ですし、減感作療法の理屈がある程度証明されたということも注目されるところです。続報に期待しましょう!ニコニコ

コメントする