投稿日:2008年4月16日|カテゴリ:院長ブログ
(時事通信社より)

 世界的な大流行(パンデミック)が懸念されている新型インフルエンザに備えるため、ワクチンの製造や備蓄などについて検討する厚生労働省の専門家会議が16日、都内で開かれ、国家備蓄しているワクチンを今年度中に医療従事者や検疫所職員ら約6000人に事前接種する同省の計画を了承した。

 ワクチンの事前接種を行うのは世界初。臨床研究として実施し、有効性や安全性が確認されれば、来年度以降、警察官や自衛隊員、電気や水道などの業務従事者も含め、対象を約1000万人に拡大する。




 さあ、世界に先駆けてのワクチン事前接種ですが、無事進行することを祈ります。 パンデミックが起こってしまっては、死者が出てしまってはおそいのですから、この水際作戦が効を奏することを期待しましょう。ニコニコ

コメントする