投稿日:2008年4月6日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞より)

 地方自治体が設置している公立病院のうち、2004年度以降に少なくとも93病院の141診療科が、医師不足などを理由に入院の受け入れ休止に追い込まれていたことが、読売新聞の全国調査でわかった。

 さらに少なくとも49の公立病院が経営悪化などで廃院したり診療所への転換や民間への移譲など運営形態を変えたりしたことも判明。公立病院を拠点とする地域医療が、各地で崩壊しつつある実情が浮き彫りになった。

 地方自治体が設置する病院は全国に約1000あり、調査は都道府県を対象に、医師不足の契機になったとされる新医師臨床研修制度が導入された04年度以降について実施した。

 今年2月までにいずれかの診療科で入院を休止したことのある病院は、公立病院の状況を把握していない10道県を除く37都府県で93病院。うち6病院は入院を再開した。休止理由について回答のあった42病院の9割は「医師不足」をあげた。

 診療科別では、産婦人科・産科の休止が44病院あり、次いで小児科の19病院。両科は、訴訟のリスクや不規則な勤務などで全国的に医師が不足しているといわれており、公立病院でもその傾向が表れた。

 北秋田市立阿仁病院(秋田県)では昨年5月から、小児科など五つの全診療科で入院を休止。湖北総合病院(滋賀県)は医師の退職で05年4月以降、3診療科で入院を休止した。

 一方、自治体財政の悪化などから、福岡県では四つの県立病院が民営化された。岩手県では06、07両年度、県立など計6病院を診療所に切り替えた。

 地域医療問題に詳しい本田宏・埼玉県済生会栗橋病院副院長は「地域医療の疲弊ぶりが如実に表れた。医療空白地帯が加速度的に拡大し、地方を中心に病院で受診できない人が続出するのではないか。医師確保を急がねばならない」と話している。




 これが、現実ですね! どこの病院でも、医局でも、医者が足りている大学病院、総合病院は聞いたことがありません! このような状況で優秀な医師が育つ環境も乏しく、つまるところ訴訟問題も増える昨今、医師を希望する子どもも激減、あるいは受験戦争を応援する親御さんたちも我が子だけは医者だけにはなってほしくないと考えるようになる悪循環。ポロリ
そして追い討ちをかけるように後期高齢者医療制度というような悪政!
 税金の無駄遣い、裏金問題などでブクブクに太った国が様様な合併症を発症した、「日本国のメタボ状態」といえるんでしょうね~ムニョムニョ


そんなわけで、本日は三田の山の中の病院でお手伝いです。
ここはのどかで春を感じることが出来ました。





4 Responses to “公立93病院で入院休止、医師不足など理由に…”

  1. 路傍の医師 より:

    H2よりもやっぱりこっちが好きですねえ。
    内装は豪華なんでしょうね!
    見たいです。
    4月飲りましょう!

  2. yoshioka より:

    路傍の医師さん>

    こんばんは! 内装? ほんとに軍用なんで、中は異常に狭く、後部座席は直角でリクライニングできず、ディーゼルなんで異常にうるさく、我慢比べですよ! ただ、このでかさに男のロマンを感じるだけです。4月中に呑みましょうね~。 カイエンはいつの予定でしょうか?

  3. 路傍の医師 より:

    内装は皆さん自分でゴージャスにしてるんですか?
    Webや雑誌でみるH1の内装はゴージャスだった気がします。

    カイエンは年内としかいわれてません...
    それまでMPVですが最近アクセル踏みまくっております。
    そしたら逆になんか最近エンジンの調子がいいんです。
    いい車ですのでカイエンきても手元に置いときます。

  4. yoshioka より:

    路傍の医師さん>

     年内ですか、、、楽しみですね! ポルシェはブレーキなど乗り心地はどのクルマよりも完成されていて、カイエンは性能、居住性からしてコストパフォーマンスに非常に優れていると誰かが絶賛しておりました! 急制動をかけた時にポルシェの真価が分かるらしいです! それに引き換えH1は壊れかけのプラモデルのような車ですよ。

コメントする