投稿日:2008年4月5日|カテゴリ:院長ブログ
(読売新聞 より)

 性的不能治療薬「バイアグラ」などの模造品を大量に不法所持していたとして、愛知県警が韓国人の女ら4人を商標法違反容疑で逮捕していたことがわかった。

 県警関係者が5日、取材に対して明らかにした。県警は販売目的で所持していたとみて、薬事法違反容疑(模造医薬品の販売・貯蔵)でも立件する方針だ。

 県警関係者によると、4人は大阪府内のマンションなどに、バイアグラに似せた錠剤数千錠やなどを隠し持っていた疑い。県警は3月中旬、4人のマンションなどを捜索、偽バイアグラなどを押収した。




 やはり、こういった事件が発覚してきましたね! 害にならないならまだ良いんですが、体調に異常をきたす物質が混入していないか心配です。
インターネットなどでの個人購入は値段が高いからといっても危険ですのでくれぐれも手を出されないようご注意ください。モゴモゴ


コメントする