投稿日:2008年3月6日|カテゴリ:院長ブログ
(毎日新聞 より)

 東北大先進医工学研究機構の富田浩史准教授(眼科学)と菅野江里子助教(分子生物学)らの研究グループが、緑藻の遺伝子を失明したラットの網膜に注入し、視力を回復させる実験に成功した。視野が狭まったり、視力が急に落ちる「網膜色素変性症」や「加齢黄斑(かれいおうはん)変性症」の治療に応用できるという。

 網膜色素変性症は4000人に1人、加齢黄斑変性症は50歳以上の約1%の割合で発症するとされる。原因が分からず、特に網膜色素変性症は根本的な治療法が見つかっていない。研究グループは、ミドリムシのように光合成をし、動く緑藻類が光を認識できることに着目した。水田などにすむ緑藻類の一種「クラミドモナス」から遺伝子「チャネルロドプシン2」を取り出し、網膜色素変性症で失明したラットの網膜に注入した。光によって神経細胞を活動させるたんぱく質を生成する性質がこの遺伝子にあり、6週間後にラットの周囲で物を動かす実験をして首の動きから視力回復が実証された。

 脳波検査でも視力回復が確認され、注入後1年以上たっても効果は持続している。

 ヒトの場合は局所麻酔をしたうえで、注射器で網膜に遺伝子を注入する方法が考えられ、富田准教授は「10~15分程度で手術でき、安全性の確認を進めて早期の実用化を目指したい」と話している。研究成果は14日、名古屋国際会議場(名古屋市)で開かれる「第7回日本再生医療学会」で発表する。




 眼科のことはほとんどわかりませんが、、、難病である上記疾患に光がさした、興味深い話題ですね!
 小生も、小学5年生より急に視力低下し、以来メガネ、コンタクトと、苦労してきましたが、レーシック技術が開発され、飛びつき、4年くらいたちますが、もともとアレルギーがあるうえに、レーシック術後のどうしようもないドライアイに今も悩んでおります! でも視力は回復したことの喜びは大変なものです! 再生医療もこのような分野でも発展していくことが期待される話題でした!ラッキー

2 Responses to “<視力回復>緑藻類が効果 ラット実験に成功…東北大研究班”

  1. 安井 より:

    レーシックいいですか?
    コンタクトよりも僕にとっては敷居が低いのです...

    新型カイエンSついに発注しました

  2. 吉岡 より:

    安井先生、ご無沙汰です! 

    自分は、日本拳法の組み手と、ダイビングのために、どうしてもやりたかったので、飛びつきましたが、やって良かったですよ!

    ただ、いつも目が充血してしまうので、呑んでないのに二日酔い扱いされてしまうのが、困ってるくらいですかね~!

    新型カイエンSですか~、どのくらい待ちなんでしょう?

    新車はワクワクしますね! 到着したら乗り付けて下さいね~!

コメントする