投稿日:2008年2月26日|カテゴリ:院長ブログ

2008年 2月25日、中国新聞社の報道によると、貴州省遵義市正安県で同月17日に、高病原性鳥インフルエンザと思われる症例が家畜間で発生していることが分かった。今冬、ヒトへの感染で5件、死亡例を出しているH5N1型ウィルスの亜型と判明。


25日に国家鳥インフルエンザ参考実験室が確認したところによると、このウィルスはH5N1亜型高病原性鳥インフルエンザウィルス。今回の感染でニワトリ3993頭が死亡、感染拡大を防ぐために23万8364羽が処分された。

現在のところ、ヒトへの感染をはじめ、感染拡大は食い止められている模様。農業部と貴州省人民政府は緊急試案にのっとり、予防工作などに努めている。

今冬、中国国内でこのH5N1型ウィルスがヒトに感染し、死亡した例は5例。2007年12月3日と7日に江蘇省南京市で父子が感染し死亡したほか、2008年2月20日に広西チワン族自治区南寧市で、同24日には湖南省永州市で、同25日には広東省汕尾市で死亡例が発生している。特に2007年12月の南京市のケースでは、ヒトからヒトへの感染が確認されている。


こういう対応は中国はわりにすばやいですね!
日本でもいざ発症、流行となったときの早期対応も迅速でなければなりません!ノーノー

コメントする