投稿日:2008年2月4日|カテゴリ:院長ブログ
 厚生労働省の西山正徳健康局長は4日午前、新型インフルエンザが国内で流行した場合、「1日あたりの最大入院患者数は、8週間続くとした場合、約10万人となる」という推計を明らかにした。参院予算委員会で桜井充氏(民主)の質問に答えた。

 厚労省は、新型インフルエンザの流行が長期化した最悪のケースで、感染者数は合計約2500万人、入院患者数は約200万人、死者は約64万人に上ると試算している。    読売新聞より>


今、中国製食品、野菜がパニックを引き起こしておりますが、これは中国製を一時的にでも食さないという方法で乗り切れるかもしれませんけど、 この新型インフルエンザのパンデミック(世界的流行)が起これば、本物のパニックが想定されます! 今、かなり質の良いマスクが飛ぶように売れていますが、外に出れないことを想定した食の備蓄、水の備蓄も考えなければならず、その矢先にこの中国製冷凍食品に頼れないのは痛すぎる現状ですね!ムニョムニョ


コメントする