投稿日:2008年1月25日|カテゴリ:院長ブログ
グラクソ・スミスクライン(GSK)は、2007年1-5月にかけて花粉症など季節性アレルギー性鼻炎の患者(約2000人)を対象に行った、鼻噴霧用ステロイド薬「フルナーゼ」(フルチカゾンプロピオン酸エステル)と第2世代抗ヒスタミン薬「ジルテック」(セチリジン塩酸塩)の併用治療における安全性・有効性および日常生活の支障度に関する調査結果を発表した。

それによると、鼻症状(くしゃみ発作、鼻汁、鼻閉)のいずれにおいても有意な改善効果が示された。また、併用療法開始前に「中等症」「重症」「最重症」だった患者の83%が、観察期間終了時(4週間後もしくは併用療法中止時)には「軽症」または「無症状」に改善した。観察期間終了時に「無症状」となった患者は全体の32%に達した。

花粉症治療において患者様は、「強い効果」と共に「早い効果」を強く希望するといわれるが、アンケート調査の結果、約70%の患者様が投与1日以内に、約40%の患者様が投与1時間以内にその効果を実感しており、「フルナーゼ?」と「ジルテック?」の併用療法は速効性にも優れていることが示された。さらに、患者様の86%が治療内容に満足し、75%が来シーズンも同じ治療を受けたいと回答した。
一方、副作用の発現頻度は3.4%で、主な副作用は傾眠だった。


24日の環境省による今春のスギとヒノキ花粉の飛散量予測(確定版)の発表によると、今年は東高西低の傾向で、東日本では昨年の1.5から3倍の飛散が予想される。来週半ばにも東京都など関東や東海地方の太平洋側で飛び始める可能性がある。一方、西日本は昨年を下回る地点が多くなるという。


もうすでに、花粉症の発症しておられる方も出てきております。
発症前治療によりコントロールしやすいことは、かなり浸透してきましたが、毎年苦しんでおられる方も治療法の見直しなど、よくご検討下さい!ラッキー

コメントする