投稿日:2007年11月17日|カテゴリ:院長ブログ
今年はすでに流行し始めているインフルエンザですが、
皆様、ワクチン接種はすませられたでしょうか?たらーっ

現在、すでに流行しているウイルスの型はAソ連型であることが
分かっております!

インフルエンザウイルスは抗原性に変異を起こしやすいため、毎年流行するであろう型と抗原性を予測してワクチン株が選定されます。例年2月中にWHOから今シーズンのインフルエンザワクチン製造用推奨株が公表され、それをもとにわが国でもワクチン株選定会議が開催され、厚生労働省に報告、そこで決定されたものが通知されます。ワクチンメーカーは数社ありますが、ワクチン製造株はどのメーカーも同じです。
(2007~2008シーズン)
Aソ連型:A/ソロモン諸島/3/2006(H1N1)株
A香港型:A/広島/52/2005(H3N2)株
B型:B/マレーシア/2506/2004株
HA抗原含有量:ワクチン1ml中に各株のHA蛋白を30μgずつ含有。

要するに、今年のワクチンの型は正解!!ってことです!グッド

毎年、冬になると、インフルエンザの流行が必ず来ますが、ワクチン接種率は悪く、インフルエンザを発症しているかたのほとんどがワクチン未接種であります。 現行のインフルエンザワクチンは不活化ワクチンであるため、有効な防御免疫の持続期間は3~4ヶ月程度と短かく、毎年シーズン前に接種を繰り返す必要があります。

よくインフルエンザにかかったことが無いから自分は大丈夫!なんて言ってる人がいますが、人間である以上、感染しない人はいません! 免疫力がたまたま勝って発症しなかっただけと考えた方がよいでしょう。どんなに身体を鍛えた相撲取り、格闘家、アスリートでも感染します! 自分が発症しなくても人に移すという媒体になることも考えられますので、皆さんの幸せのためにもワクチン接種は推奨されます! 

11月中に接種を済ませられるのがよいでしょう!ラッキー

コメントする