投稿日:2007年10月17日|カテゴリ:院長ブログ
10月13日から14日の土日で、往復1500kmの栃木県那須まで、HUMMER1の全国MTGに参加してまいりました。


土曜日の午前診を終え、長距離の運転に備えてオートバックスで臀部と腰部のクッションを買い揃え、14時半に出発。名神から中央高速を経て圏央道なる新しい道を走りぬけ、10時間かけてほぼトイレ休憩のみで上河内SAに到着。
プラセンタとニンニク注射をしといてよかったと改めて思いながら、朝まで車内泊し、いざ那須の会場へ!







8時ごろには30台くらいぞくぞくと集まりだし、各自ボンネットフードを開けてそれぞれの状態を確認しあいました。



この車、ふつうの車とはかなり構造が違い、どこでもメンテナンスが出来るわけでなく、しかし、未然に小さな故障を見つけて修理、対策してあげれば、何年でも乗れる頑丈なやつなんです。
診察、検査、予防、治療、、、人間と同じなんですよね!イヒヒ
よくあるトラブルとして、ディーゼルエンジンの燃料を制御する噴射ポンプのコントローラーであるFSDが、エンジンルーム内の熱で自滅することがあり、会長さん自ら移設工事をしていただけるというのでお願いしました。



ついでに燃料ポンプも交換、ファンベルトの交換、プレデター・コンピューターチューンで30馬力ほどアップし、特に故障も見つからずにホッとしていたら、周りではいろいろ修理が始まっており、ドアロックの故障やら、ハブのオイル漏れ修理やら、果てはエンジンがかからなくなった車まで出現し、大修理大会となっておりました。


最後に記念撮影をして無事に閉会となりました!


頼もしい全国のメカニック集団に別れを告げ、再会を約束し、また10時間かけて無事帰還したのでした!ラッキー

今週からインフルエンザワクチンの接種が始まっております。
僕自身、万全の体調管理で頑張っていきますよ~!グー

コメントする