投稿日:2007年9月27日|カテゴリ:院長ブログ
勃起不全治療薬のタダラフィル(商品名:シアリス錠5mg、 10mg、20mg)が、9月12日に発売となりました。適応は「勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)」です。自由診療(保険外診療)でのみ使用可能です。

 日本では現在、1130万人の男性が勃起不全(ED)に罹患していると推定されており、治療では、陰茎海綿体に多く存在し、勃起を妨げる働きがあるホスホジエステラーゼ(PDE)5を選択的に阻害する「PDE5阻害薬」が使用されています。PDE5治療薬としては、1999年に発売されたクエン酸シルデナフィル(商品名:バイアグラ)、2004年に発売された塩酸バルデナフィル水和物(商品名:レビトラ)が既に販売されており、今回発売されたシアリスは3番目のED治療薬となります。






 タダラフィルの特徴は、従来のED治療薬に比べて作用持続時間が36時間(血漿中半減期:約14~15時間)と長く、食事の影響を受けにくいことです。これまでのバイアグラやレビトラは、作用持続時間がどちらも4時間前後であり、服薬のタイミングが難しい場合があることが指摘されていました。この点、シアリスは、服薬のタイミングや効果継続時間を心配することなく使用できます。海外では、2003年に米国で発売されて以降、2007年7月現在、100カ国以上で使用されています。
 主な副作用症状は、頭痛(11.3%)、潮紅(5.1%)、ほてり(3.5%)、消化不良(2.3%)などです。
 なお、シアリスも、従来のED治療薬と同様、硝酸薬やニトログリセリンなどとは併用禁忌であり、これら一酸化窒素(NO)供与薬にPDE5阻害薬を併用すると、降圧効果が増強し、過度の血圧低下を引き起こす危険性があります。

ですので、当クリニックでは、初診時には問診、診察、レントゲンや心電図などの検査をした上で、使用可能であれば、シアリス(20mg)4錠をお渡しして、15000円に設定させていただいております。 再診時からは1錠につき1700円の薬剤費のみを頂くかたちとなっております。
今までのED治療で満足な治療効果の得られなかった方は、一度ご相談下さい。ポッ

コメントする