投稿日:2007年8月24日|カテゴリ:院長ブログ
このほど、ヘリコバクター・ピロリ菌除菌不成功例に対し、
再除菌の保険適応が認可されたようです。
除菌不成功率が高かっただけに、少し光が差してきました!

タケプロン/アモキシシリン/メトロニダゾールによる3剤併用の除菌率
1.ヘリコバクター・ピロリ菌除菌不成功例に対し、96.2%
2.クラリスロマイシン(CAM)耐性例に対し、97.5%

と、高い除菌率のようです!

プロトンポンプインヒビター、アモキシシリンおよびクラリスロマイシンの3剤投与によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに変わる治療として、通常、成人にはランソプラゾールとして1回30mg、アモキシシリンとして1回750mg(力価)およびメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する


まだ、現時点で、医療用医薬品の添付文書情報 でも改訂されていません。
あくまでも二次除菌であり、初回では適用外です。

コメントする