投稿日:2020年8月10日|カテゴリ:お知らせ, 院長ブログ

当院でも、新型コロナウイルスの抗体検査を始めることにしました。


採血による検査で、当院外注検査委託先にてロシュ・ダイアグノスティックス社(スイス)の試薬(Elecsys Anti-SARS-CoV-2)使用し、検体中のSARS-CoV-2のヌクレオカプシド蛋白質に対する抗体を検出する定性検査です。

本試薬は、欧州での使用を可能とするCEマークを取得し、米食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可(EUA)を得ています。感度100%、特異度99.8%、陽性的中率96.5%、陰性的中率100%という非常に精度の高い検査となっており、15分程度で結果がわかる「簡易キット」を使用した検査では精度が問題視されておりますため、結果の判明に3-5日かかりますが、正確さを重視するために本検査のみを採用しすることとしました。

この抗体検査は、「過去の感染の有無を判定」することにあり、この検査で陽性だった場合は、「以前に感染したことがある可能性が高い」ということになります。抗体が陽性になってもその抗体量が少なければ、もう今後感染しないと言えいきれませんし、また陰性であっても、抗体量が非常に微量である可能性もあり、現在や過去の感染を完全に否定できるわけではありませんが、「陽性」の結果が出た時点では、周囲に感染をさせる可能性は極めて低いだろうと考えられますし、今後感染する可能性は抗体を持っていない人よりは低いだろうと考えられます。

要は「二度と新型コロナウイルスにかからない」という保証はございませんので、引き続き感染予防に努めていただきたいと思います。。

また、結果が「陰性」であった場合は「過去にウイルスに感染していない」もしくは「感染初期のため抗体がまだ出来ていない」状態ということになります。

この抗体検査は、新型コロナウイルス抗体検査としての結果証明書は発行できますが(別途証明書代 2500円がかかります。)、現在の感染を判定する抗原検査やPCR検査とは異なりますので、診断書としては発行できません。

料金は保険適応外で、
検査費用   6000円

現在は症状がないが過去にコロナウイルスに感染していた可能性について調べてみたい、あるいは、出勤または登校するに際し、すでに免疫を持っている状態か確認しておきたい方といった方が対象になります。

何度も言いますが、現在のコロナウィルス感染を診断する検査ではありませんのでご留意ください。

予約制となりますので、直接来院された場合、当日はお断りすることもありますので、ご了承ください。また現在体調不良がある方、最近2週間以内に咳や発熱などの風邪症状があった方はお断りさせていただきます。


コメントする