投稿日:2020年4月22日|カテゴリ:院長ブログ

今年に入り、新型コロナウイルス感染症に国中、といより世界中が振り回されておりますが、パニックになることなく、正しく怖れるということが大事なのだろうと思います。

こんなニュースが、

慶應義塾大学病院は4月21日に公表した「新型コロナウイルス感染症に関する当院の状況について」で、4月13日から19日までに実施した術前および入院前PCR検査において、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)以外の治療を目的とした無症状患者のうち、5.97%(67人中4人)で陽性者が確認されたと公表した。

無症状患者でも、これだけの陽性者が普通に周りにいるのだということ、もうこれは、慌ててもどうにもならない状況です。

一部の国のように、方端からPCR検査をして、隔離するなんてのはもう経済を衰退させるだけであって、意味は無い。

もう普通の風邪のように取り扱い、重症者を出さないように、あるいは重症者を死なせない用にしていく努力を全力でやることが大事なのだと思います。

今までの風邪でも、CTを撮れば、間質性肺炎像は見つけられていたかもしれません。今回のコロナだけ肺炎、肺炎と怖れるのはおかしいのです。

インフルエンザでも、肺炎を起こすことは有りましたし、命を落とす落とす方もやはり居られました。

コロナだけがかかれば死ぬのかというと、統計的にも特に日本では死亡率は低いのです。

老人の方、糖尿病や高血圧、心臓疾患のある方が、重症化することは、今までの普通の風邪でもあったし、そういう方には普通の風邪でも怖れてもらわないといけないことは以前から変わらないのです。

それが正しく怖れると言うこと。

4月も後半にかかり、まだまだ世の中のパニックは収まらないと見えますが、もうすぐゴールデンウイークです。

当院は、木曜日の休診日に加え、暦通りの休診です。

4月29日30日、5月3日から5月7日まで休診となります。5月1日、2日は診療しておりますので、よろしくお願いします。

ときどき、こういう姿で診察することも有ります。

 

コメントする