投稿日:2016年1月3日|カテゴリ:院長ブログ

去年の正月は確か、雪がかなり降りました。

ことしはビックリするくらい暖かい日が続き、しかもほとんど連日快晴でした。

こんな正月は初めてかも、、、

やはり温暖化なのでしょうか。

中国の大気汚染、PM2.5の飛来を考えれば、当然かもしれません。

インフルエンザも驚くほど少なく、これはワクチンが4価になったことはおそらく関係がないのでは思いますが、、、

そのうちに花粉症の時期がやってきます。

花粉症の治療は、やはり抗アレルギー剤を発症する1か月くらい前から開始しておくことでかなり軽減出来ます。

スギ花粉症の治療として、シダトレンという舌下免疫療法を当院で処方出来るようになりましたが、1月から5月くらいまでは、

実際に花粉の飛散時期ですので、治療開始には適しません。飛散のおさまっている、発症の3か月以上前から治療を

開始するのがよいでしょう。その間も、やはり、抗アレルギー剤の治療は並行してやっておく方がよろしいでしょう。

また、ハウスダスト、ダニアレルギーの場合は、ミティキュアの舌下免疫療法があり、これは、12歳以上であれば、開始時期は

特に制限はありませんので、ご相談ください。

それでは、2016年も明日、4日からスタートです。

 

 

 

 小生の正月は、やはり犬三昧でした。

 

IMG_6393

 

 

 

IMG_6397

 

 

 

IMG_6488

 

 

 

 

IMG_6415

 

 

 

IMG_6426

 

 

 

 

IMG_6467

 

 

 

 

IMG_6466

 

 

 

IMG_6429

 

 

 

IMG_6461

 

 

IMG_6366

 

 

 

IMG_6373

 

 

IMG_6381

コメントする