投稿日:2015年2月26日|カテゴリ:院長ブログ

やはり、この時期、花粉症を発症される方が増えてまいります。

早い人はハンノキにも反応し、2月くらいからスギ、4月くらいからヒノキへと移り変わっていきますが、

症状は、くしゃみ、鼻水、咳、微熱などで発症し、目のかゆみ、皮膚炎なども起こります。

鼻炎症状が悪化すると、副鼻腔炎、喘息などに進展することもしばしばですので、我慢して過ぎ去るのを待つというのは得策とは言えません。

早めの受診が望ましいと考えます。 また、黄砂、PM2.5も飛んでいますので、症状は悪化するばかりです。((+_+))

 

最近、週に1回は日本拳法の道場に行けています。

5月の県大会に向けて修行です。

 

FullSizeRender (5)

コメントする