投稿日:2014年4月9日|カテゴリ:院長ブログ
インフルエンザのB型がやたらと増えてきていますが、そんなに長続きはしないと踏んでいます。

それよりも、はしか!!

増えてきているそうです。

 今年の患者数は3月30日までで231人にのぼり、昨年1年間の患者数(232人)にほぼ並んで、昨年の同時期までと比べて3倍以上とのこと。春から夏にかけてが流行期のため、さらに患者が増えるでしょう。

 検出されたウイルスの多くはフィリピンを中心に流行しているタイプで、海外で感染した人が帰国後に発症し、広がっているようです。今年の患者の多くはワクチン接種歴が1回もない、または不明とのこと。

 はしかは感染力が強く、空気感染し、症状は熱やせき、発疹など。重症化すると肺炎や脳炎などを起こし、1千人に1人は亡くなるとされています。

そして、なにより問題なのは、妊婦が感染すると流産や早産を引き起こす恐れがあるということです。

 妊婦、あるいは妊婦を取り巻く家族で、麻疹の抗体を持っていない人は、速やかにワクチンを接種していただくべきです。

またワクチンが品薄になるまえに、ご検討ください。



2604082.JPG


桜もそろそろ終わりですね~~~~(^_^;)





阪急西宮北口駅近く。よしおか内科クリニック
診療科目 内科 呼吸器科 胃腸科 アレルギー科


〒662-0841
兵庫県西宮市両度町6-22 ベルシャイン西宮1F

地図はコチラ

TEL 0798-68-1181

 

コメントする