投稿日:2013年12月16日|カテゴリ:院長ブログ
ぼちぼちインフルエンザが検出されるようになってきております。

今期は、新型などの目立った動きがなく、またワクチンの有害事象ばかりをマスコミで流す一部の人間のために、

ワクチン接種に積極的でない方が増えています。まあ、考え方は人それぞれで、インフルエンザは一応治療薬がありますので、

罹れば治療すればいいのですが、毎年、やはり死亡例、インフルエンザ脳症での後遺症例があり、インフルエンザ治療薬での

脳症のせいにされることもありますが、インフルエンザは風邪症状にとどまらず、本来、肺炎や脳症に進展する可能性を秘めたウイルスですから、
やはり予防しておいて損はないはずなのですが、なぜか、ワクチンを接種させないようにしようと声高に訴える方がいて、、、

なので、今期はインフルエンザの流行が激しいのではないかと予想しています。

例年、12月になると、ちらちらと出てきだして、
1~3月くらいまで流行するのが定説ですが、最近は夏くらいまでだらだらと出てくる傾向にあります。

出来れば、ワクチンを接種していただき、それでも罹患したなら速やかに治すよう加療していただくのが、封じ込める作戦としては
いいのではないかと思います。




1482752_622685284460508_953996594_n.jpg




 画像は本日のインフルエンザ検出の一部ですが、A型が検出されているのが判るかと思います。

微熱程度でも、検出された例で、ただし、熱の反応は免疫の反応ですから、微熱であるのは、体力が無かったからであって、

病状が軽かったわけではないのです。

早めの治療で、治していきましょう。







阪急西宮北口駅近く。よしおか内科クリニック
診療科目 内科 呼吸器科 胃腸科 アレルギー科


〒662-0841
兵庫県西宮市両度町6-22 ベルシャイン西宮1F

地図はコチラ

TEL 0798-68-1181






 

2 Responses to “インフルエンザ”

  1. 杏の飼い主 より:

    時々いますよね•••医学的常識が大間違いと声高らかに言われる輩が。中には本まで出されるかたも。それが、どこぞの偉い医者とか教授などという肩書きのかたで、マスメディアが取り上げたりしようものなら日本人ってみんな信じちゃう(笑)NHKの某番組や民放の健康をテーマにした番組の放送された翌日は患者さんから多くの質問をいただきます。今回のワクチンの話の真偽はともかく、ワクチンのお陰で絶滅した命を奪うような病気が幾つものあったのは紛れもない事実です。何を信じるかは最終的には自分自身です。結果がどうなって最終的には自分で責任をもつべきですよね?犬だってどれほどワクチンに助けられたことか!!

  2. yoshioka より:

    杏の飼い主さん>

     インフルエンザを自分の免疫で治せばいいという人に限って、絶対に仕事も休むことなく、咳をしながら、いろんなところを触りながら、ウイルスをまき散らす感染源になることは間違いないわけで、、、迷惑千万な存在、間違いないでしょう。
    予防するということは、自分のことも他人のこともそれなりに気づかいのある人だと思います。ま~それも考え方の違いなんでしょうが、、、(^_^;)

コメントする