投稿日:2013年4月19日|カテゴリ:院長ブログ
 
 

 明日は、勝手ながら、休診ですので、ご迷惑おかけします。


今日は、午前診、午後診とも、初めてインフルエンザが検出されませんでした。


このまま落ち着いてくれたらと願いつつ、休み明けには増えているかもと、嫌な予感も、、、




 当家のワンコは病気知らず、3歳になりますが、ウルフドッグのガルムも、縄文柴犬の龍も


病気になったことが有りません。



254196.JPG





このまま、いつまでも元気でいてほしいと願います。





254198.JPG





毎朝、元気な姿を見ると、そのたびにホッとし、癒されています。




254197.JPG





もう、暖かくなって、すでに公園では蚊も出ていますので、そろそろフィラリアの薬が必要です。






先日は、ハマー仲間で久々に集まりました。




254194.JPG





故障、トラブルも多い車なので、情報交換が重要です。





254193.JPG






休み明けには、また診療に頑張りますので、休診の件はご容赦下さいませ~~~




(^_^;)







阪急西宮北口駅近く。よしおか内科クリニック
診療科目 内科 呼吸器科 胃腸科 アレルギー科

〒662-0841
兵庫県西宮市両度町6-22 ベルシャイン西宮1F
地図はコチラ

TEL 0798-68-1181






3 Responses to “明日、20日の土曜日は休診です。”

  1. うらら&流星ママ より:

    今日 母が先週と同様 意識を失い
    救急搬送されました。
    老衰のようで、特別尽くす手はないような話でした。
    想像にも及ばなかったことなので、
    うろたえています。

    ウチのわんこ、病気もしないで有難いことと思ってましたら、
    今日 流星が、おなかでもいたいのか、
    時々 聴いたことのないような悲鳴を
    あげて、ぐるぐる回ったりしてます。
    もう医院は 閉まってますし、様子見ですが、心配です。

  2. yoshioka より:

    うらら&流星ママさん>

     確かに、お母様は、特に身体的には大きな疾患はなく、今まで徐々に老化を進めてきた感じですよね、、、でも犬なら大体10年、人間なら女性の平均寿命も延びたとはいえ80歳といえば高齢、、、それ以上の身体の細胞レベルが健全な状態を続けるには限界があるでしょう。 ある程度、想定しておかなければならないことだとは思うのです。

    いつ起こるか分からない地震、天災に備えるのと同じです。不慮の事故で亡くなることもあるのです。

    それは、自分自身に降りかかることも、ましてや、自分よりも若い世代に降りかかることも当然あるのです。

    想像も及ばなかっただはなく、常に想定しておかなければならないことだと思います。

    今を生きるとはそういうことも含めて、何があっても動揺しない心積もりであると考えます。

    一過性脳虚血発作、それは、まさに一過性であり、可逆性の変化であって、一過性でなければ脳梗塞、心臓であれば、狭心症が一過性の変化であって、心筋梗塞になれば、最悪は死が待っています。

    喘息も一過性の可逆性変化を繰り返しますが、甘く見ていると、喘息死に至るのです。

    ワンコちゃんは、急なお腹の変化で多いのが胃捻転、、、これは救急レベルの話です、、、どうなったのでしょうか???(-_-;)

  3. うらら&流星ママ より:

    突然の別れ・・
    20数年前の次兄の急死の時に 
    肝に命じたつもりだったのを思い出しました。
    母の様子が長い間 変化なかったように考え
    強運を信じ込んでいた甘さを突きつけられたようです。

    流星はしばらくして落ち着いて寝ましたので、
    翌日朝一番に獣医さんにみていただき
    腹痛のぶっとい注射を2本打ってもらいました。
    家で唯一の男の子なので私が甘やかしたせいか、
    私に依存気味で、隣室の私の声にも反応してキュンキュン鳴き
    うららに時々喝を入れられています。女子強しです。

    先生のお宅のガルム君は益々大きくなられてませんか?
    龍君と並んだ写真を見て感じました。

    栃木に行かれたとのこと、寒い中お疲れ様でした。
    ガルム君は本当に生き生きしてますね。
    お写真の表情がどんどんよくなってきているようで、
    やっぱり絆が深くなっているんだなぁ・・と

    犬も愛情に応えていろんな仕草を見せてくれるように
    なりますね。本当に癒されます。

コメントする