投稿日:2013年3月7日|カテゴリ:院長ブログ
 

 ここ最近はインフルがかなり減ってきました、といっても連日A型もB型も検出されてはおりますが、

圧倒的に多いのが花粉症、、、しかも来院されている患者さんのほとんどが花粉症だとは理解されていないことが多い、、、


花粉症は咳が出ないと思っているのです。これには少々びっくりしました。


鼻から咽頭、気管支、肺まで、一続きの粘膜なのです。咽頭で花粉症が止まってくれるはずがありません。


鼻が詰まり、口呼吸になれば、尚更、気道炎症は悪化し、咳が出るのです。炎症が末梢気道まで届けば

喘息も引き起こすのです。


しかも、花粉症は、ピークはまだこれからです。


そこへ、中国からの黄砂もやってくるのです。




 8日に日本の地表付近飛来か=気象庁の黄砂予測


    (時事通信社より)


 気象庁が5日、ホームページで公表した黄砂予測図によると、中国大陸で発生した黄砂は6日昼に日本の上空に到達し、8日未明には九州北部や中国地方の地表付近へも飛来し始める見込み。

 黄砂とともに健康への影響が懸念される微小粒子状物質PM2.5が飛来する可能性があり、高度1キロまでの地表付近で黄砂濃度が高まった場合は注意が必要とみられる。


 地表付近では、黄砂は8日午後から夜にかけて西・東日本の大半の地域に飛来し、九州北部や中国地方・四国の一部で濃度が高まり始めると予想される。気象庁はホームページで実況図も公表しており、実際の飛来状況を確認できる。 



さらに、この黄砂は、pm2.5をたっぷりとくっつけてやってくるのです。


まさに恐怖の襲来です。

アレルギーを早い段階でコントロールすることが鍵です!

早めの受診でお願いします!<(_ _)>









阪急西宮北口駅近く。よしおか内科クリニック
診療科目 内科 呼吸器科 胃腸科 アレルギー科

〒662-0841
兵庫県西宮市両度町6-22 ベルシャイン西宮1F
地図はコチラ

TEL 0798-68-1181





コメントする